着圧レギンスの効果で夏までに美脚を目指す

着圧レギンス・ソックスのオススメの使い分け方

今回はそれをお伝えしようと思います。

まず、筆者が試したことがあるのは、着圧レギンス、着圧ソックス(就寝用)・着圧ハイソックス(仕事用)・着圧タイツです。

まず着圧シリーズは脚のむくみを抑えてくれます!むくみを放っておくと脚の太さに繋がると聞いてから気にしているのですが、日々疲れているのに毎日毎日マッサージなんてしていられない。

ですので、わたしの場合はむくみ体質でも着圧シリーズをうまく取り入れてむくまないようにしています。

レギンスは普段使いにとても重宝しますよ。

スカートやワンピースの下にレギンスを合わせるとオシャレ度も増しながら、脚のむくみも抑えれます。

着圧シリーズは履くとかなりの締め付けなのですが、見た目で着圧とわかるわけではないので、その点は人の目も気にしなくてよいですね。

着圧タイツはデートによく履きます。

デートの日はやはりスカートが多いので、着圧タイツを履いて少しでもスラッと見せるようにしてます。

実際に着圧タイツだと、脚を褒められることがあるんですよね。

なので効果はアリだと思って続けています。

そして着圧ソックス(就寝用)ですが、これは有名ですね!太ももまでしっかり長さがありますし、程よい締め付けなので、嫌になる事はないです。

むしろ朝起きてソックスを脱いだ時の開放感と脚の軽さにビックリ!やはりその日のむくみはその日のうちに無くしておくべきです。

わたしは毎日使いたいので洗い替えも含めて2足持っています。

最後は着圧ハイソックス(仕事用)についてです。

個人的にはこれをかなり推しています。

ハイソックスにも長さがあり、膝くらいの長さのスタンダードタイプとニーハイタイプ(太もも辺りの長さ)を試した事があるのですが、オススメはニーハイタイプ。

というのも、わたしは社内で制服(膝丈スカート)を着用するのですが、タイツだと蒸れてしまうので気になるんです。

特に夏や湿気が多いと薄手のストッキングでも下着やスカートの長さが蒸れて気持ちが悪いんです。

でもハイソックスやニーハイタイプだと快適!特にニーハイタイプは、スカート丈より長いので、見た目はただのタイツに見えます。

程よい着圧でむくみを取りながら毎日の仕事もかなり楽になりました。

以前までは夕方から脚がパンパンでしたが、今はありません。

良いところしか思い浮かばないのですが、敢えてデメリットを伝えるとすれば、着圧が強すぎるものを選んでしまうと、履くのも一苦労ですが、脱いだ時に跡がついて1日取れないです!ほどよい着圧のものを探して、是非むくみとサヨナラしましょう。

オススメです。